アーベント・フィルハーモニカーのHPへようこそ

コンセプト

アーベント・フィルハーモニカーは、プロフェッショナルな演奏家とアマチュア愛好家の協力による、新しいコンセプトのオーケストラとして 2012年12月に第1回演奏会を開催。マーラーの交響曲をレパートリーの中心として、年3〜4回の演奏会を行っており、短期間の集中リハーサルと低経費 による運営によって注目を集め、新たな聴衆の拡大を目標としている。


次回演奏予定

 

第16回定期演奏会

2017年12月30日(土)19:30開演
オリンピック記念青少年総合センター
曲目:
ウェーベルン/パッサカリア作品1
スメタナ/連作交響詩「我が祖国」全曲

指揮:小柳英之
コンサートミストレス:掛橋佑水

 

ブレーザー第5回演奏会
2018年3月下旬頃
モーツァルト/13管楽器のセレナーデ「グランパルティータ」
ムソルグスキー(大西編)/13管楽器の「展覧会の絵」、他

 

第17回定期演奏会
2018年5月13日(日)

R.シュトラウス/
    交響詩「死と浄化(変容)」
マーラー/交響曲第7番