指揮者:小柳英之

福島県出身。駒澤大学卒業後、東京藝術大学音楽学部 別科にて学ぶ。ホルンを伊藤泰世、守山光三、宮田四郎、ハンス・ピツカ、ローランド・ホルバートの各氏に師事。指揮を小林研一郎、汐澤安彦、広上淳一の各氏に師事。尚美学園、昭和音楽大学、日本フィルハーモニー交響楽団勤務を経て、小林研一郎氏のもとで、2005~2013年「コバケンとその仲間たちオーケストラ」のインスペクター・アシスタント等として研鑽を積み活躍。2005年「世田谷クラシカルプレイヤーズ」を指揮しデビュー。2007年、若手奏者たちによって結成された室内オーケストラ「アンサンブル・アスカ」を指揮し好評を博す。2009年より、「うつくしま祝祭管弦楽団」指揮者。2011年「うつくしま室内管弦楽団」首席指揮者。現在、オーケストラ、オペラ、合唱、吹奏楽の指揮者としても多方面に活躍し、アウトリーチ活動も積極的に行っている。2010年のモーニングフィルの第一回演奏会より、マーラーの交響曲を連続してチクルスとして指揮(9、5、6、4、1、2番)し、「押しの強い響きによる意欲的な演奏、重量感のある見事な演奏」と評されている。
2012年より「アーベント・フィルハーモニカー」を結成。